大平俊介 効果レビュー 大学受験マニュアル 口コミ

勉強の効率なんてやり方をちょっと変えるだけでぐんとアップするものなんです。大平俊介さんの大学受験マニュアルを効果的に利用する方法とは?

ブログネタ
大平俊介さんの大学受験 勉強法 独学方法 に参加中!
大学受験大平03

1日のうち、時間が取れるうちはとにかく机に向かって参考書を開いているけれど、さっぱり勉強が進まず途方に暮れていたとしても、
何を勉強するのが点数アップに結び付くのかはっきりと見えるようになり、1時間当たりの勉強効率が飛躍的に高くなる勉強法がこちら



大学受験といえば、教科書を最初から1ページずつなぞるようなやり方をしていては、

目が回るほど膨大な暗記項目や難しい公式や法則に振り回され、頭が沸騰するような日々を過ごすようなものです。


頭の良い人ならば、こんな勉強の仕方でも、どんどん実力を身に着けていき、志望校の合格ラインをすっと突破していってしまいますが、

平均的な能力しかない私たちが同じやり方をしたところで、学力にはどんどん差ができていき、合格の可能性がどんどん低くなってしまう恐れがあります。


しかし、勉強の進め方をちょっと変えて、問題を解くためのノウハウであったり、正答を高い可能性で導き出すテクニックなど、

試験で点数を1点でも増やす方法を身に着けていくことで、手っ取り早く↓のようになることができます。

大学受験大平07


その年の問題の相性などには左右されなくなる

模試でB判定やA判定が出せるようになる

一度間違えた問題でほとんどつまづくことがなくなる

右肩上がりで常に成績が上がり続ける



大平俊介さんの医学部合格者が教える大学受験勉強法+センター試験高得点マニュアルセットは、

予備校なんかに通わなくとも、自宅学習だけで志望校の合格ラインを超える実力を身に着けることができる勉強法マニュアルで、

医学部合格や難関私立大学合格などを達成している人が続出しています。

大学受験大平06


大平俊介さんとはちなみに、現役時代は偏差値40台で勉強がさっぱりできなかったにも関わらず、1浪の末に偏差値70台まで急上昇。


予備校にも通っていなかったのに、めきめきと学力を伸ばしていき、自治医大合格を成し遂げています。


大学受験では予備校に通ったり通信教育なんかを利用するのが、もはや当たり前のような状態となっているものの、

こうした教材は確かに、学校の授業では教えてくれない、試験の解法テクニックをいくつも教えてくれるので、

利用できるのであれば、ぜひ、使ってみるべきだと思います。


しかし、気を付けなければいけないのは、教材の量に圧倒されてしまい、勉強の目的が「教材を1ページでも進めること」に代わってしまうことです。


あなたの本当の目標は「志望校合格」であって、教材の内容を理解して覚えることではありませんので、その点を注意をしなければいけませんが、

大平俊介さんの大学受験勉強法では少なくとも、教材の量が気が遠くなるほど多いわけではないですし、「試験でいかに点数を取るか?」に特化していますので、

やればやるほど、自信を持って正しい答えを選べるようになっていく手ごたえが強くなっていきます。



各教科で威力の高い対策が紹介されている大平俊介さんの医学部合格者が教える大学受験勉強法+センター試験高得点マニュアルセットの特徴はこちらでも詳しく紹介しています。

d003


jukenoohira06


大学受験に励んでいる受験生の多くが勘違いしていることがあり、それは何かというと、「知識を貪欲に頭の中に詰め込んでいけば合格できる!」という思い込みです。


確かに、本屋さんの受験コーナーに並んでいる参考書や問題集を丸ごと理解すれば、どんな難関大学であっても合格できるんじゃないかと思います。


しかし、現実的には、限られた勉強時間でそれだけの「量」をやりきるのは不可能なことで、効率をもっとアップさせる必要が出てくるわけですが、

考え方を抜本的に変えてしまうことで、勉強の重圧をふっと軽くできるだけではなく、1時間当たりの勉強の質も大きくアップしていきます。

d001


大平俊介さんの医学部合格者が教える大学受験勉強法+センター試験高得点マニュアルセットでは、

知識をしっかり身に着けて、理論を手足のように操れるなるまで理解するような、効率のひどく悪い勉強法とは違い、

テストで点数を取ることに特化した勉強をしていくことになります。


大学受験とは、極端に言えば、あなたの学力を試しているのではなく、あくまでも合格点を突破している人を点数の高い人から順番に並べていき、

定員から漏れてしまった人は、機械的に落としていくだけです。


ですから、内容を正しく理解しているかどうか?はもちろん重要ではあるものの、考え方を切り替えて「合格点を突破するには?」という視点で勉強をすることで、

意外なほど勉強の効率がアップし、問題集の正答率もてっとり早く高くしていくことができます。


あなたも、↓のような悩みがあるかもしれませんが、


ダラダラと勉強して後悔ばかりしている

不得意教科の点数がまるで上がらない

そもそも、このままの勉強法でよいのかがわからない。

どんなに頑張っても成績が伸びない



テストの点数を上げるためには、やみくもに暗記を続けたり、難しい法則や理論を頭の中に詰め込まなくたって、

正答を導き出すテクニックなどを身に着ける方がずっとずっと負担が軽くなります。


あなたも、知識を身に着ける勉強から、試験で点数を取れる勉強に切り替えることで、志望校の合格ラインをひょいっと乗り越えてしまいますよ。



「このまま勉強を続けて合格できるのか??」という不安がどんどん大きくなって行くだけの効率の悪い勉強にこれ以上、時間を費やし続ける前に、

より点数の多く取れる答案の作り方を学んでいき、勉強したことをどんどん点数につなげていけるようになりませんか??



大学受験大平04

大平俊介さんの医学部合格者が教える大学受験勉強法+センター試験高得点マニュアルセットで、憧れの大学をみすみすあきらめてしまう前に、試験本番であなたの持っている本当の実力を発揮できるようになるにはこちら<

このページのトップヘ